車を高く売る前の準備

自動車の準備をする男性

 

自動車の買換え等で、今まで乗っていた車を、高く売るために
準備しておいた方が良い事を紹介します

 

車を高く売る前の準備

 

車を高く売る為に
その前に準備する事

 

準備しておくと得なものもありますし、
準備しても全く無駄な事もあります

 

付けて売った方が得?

あなたが、これから売ろうとしている車に付いているパーツ等、
売るときに外した方が良いのか?
それとも、付けて売った方が良いのか?
迷う事もあるかと思います。

 

自動車買い取りも行っている、自動車販売店の店長である、
当サイト管理人が、アドバイスいたします。

 

アルミホイール(とタイヤ)

アルミホイールとタイヤ

純正のアルミホイールで、1セットしか無い場合は、

現車に付けて売りましょう。
そうしないと、マイナス査定になる恐れが強くなります。

 

しかし、
純正でも現車に付ける以外に余分に持っているなら、
ヤフオクやメルカリなどで売った方が得です。

 

純正では無い社外品の場合も、売ってしまった方が得です。
余分なセットを現車に付けても、喜ばれず、査定が上がったりはしません。

 

また、古くなって使い物にならないホイールやタイヤの場合は、
通常は、処分料が掛かってしまいます。

 

その場合は、
査定が終わった後に、サービス(無料)で処分してもらえないか?
最後にお願いするのが得ですよ。

 

社外オーディオ

カーオーディオ

純正(新車時に付いていた物)は、外すとマイナス査定になってしまいますが、

後から取り付けたオーディオはどうすれば良いのでしょうか?

 

まず、社外オーディオで査定がアップする事はないと思って下さい。
査定がアップするという中古車買取店がありますが、
アップすると言っても大した金額にはなりません。

 

その理由は、
社外のオーディオには好みが分かれ、
次に購入する人の好みと会う確率が低いことが原因です。

 

社外オーディオを付ける前に付いていた純正品があるならば、
純正品に付け替えて、外した社外オーディオは次に買う車に付けるか、
ヤフオクやメルカリなどで売ってしまった方が特になります。

ただし、交換する工賃も計算に入れて下さい

純正品をもっていなくて、
現在付いている社外オーディオを外してしまうと、
何もなくなってしまう場合は、

 

付けたままで査定してもらった方が良いです。

 

ただし、高額な社外オーディオで、
ヤフオクなどで、高く売れる場合は、違います。

 

その場合は、
オーディオが付いたままで査定してもらい、
付いている状態と、外した状態の、
二通りの査定額を出してもらって、判断した方が得です。

 

純正カーナビ

純正カーナビ

純正品では無い、社外品のカーナビをどうするかの前に、

まず、
純正品のカーナビをどうするか?
について、確認をしておきましょう。

 

純正のナビには、メーカーの工場で取り付けられる物と、
ディーラーで取り付ける物の2種類があります。

 

このうち、メーカで取り付けた物は、
外してしまうとマイナス査定になると考えて下さい。

 

ディーラーで取り付けたナビの場合は、
ナビを取り付けるときに、オーディオなどが付いていて、
それを外して付けた場合は、

 

元のオーディオに戻して、ナビはネットオークション等で、
売ってしまいましょう。

 

純正品のナビであっても、ヤフオク等では、売れる可能性が高いです。

 

社外カーナビ

社外カーナビ

純正品ではない、

後付けのカーナビの場合はどうでしょうか?

 

判断は、
外した場合に、
代わりに付けるオーディオなどがあるか?
が、ひとつの基準になります。

 

元々の純正オーディオ等があれば、
元に戻してしまう方が得だと言えます。

 

また、
純正品がなくて、外してしまっても査定に影響の無い場合もあります。

 

こうなると判断の基準が難しくなってしまいますね。

 

これは、ケースバイケースですので、
中古車買取店に聞いてみると良いでしょう。

 

外した場合と、外さなかった場合で、
査定額がどの位変わるのか?聞いてみましょう。

 

工賃が気になる場合は、
買取店に外して(交換して)もらうのもひとつの方法です。

 

カーナビの付け替えが出来るスタッフのいる買取店の場合は、
無料で外してくれる可能性があります。

 

商談の中で、条件として提示してみると良いでしょう。

 

 

基本的には、新車時に付いていた、メーカー純正の物は、
付けて売らないと、査定が下がる恐れがあります。

 

社外品のパーツの場合は、物によって異なります。

 

その車種の定番のチューンナップやドレスアップの場合は、プラス査定になる場合もありますが、
それを知ってる人は、その事で悩む必要の無いマニアな人だと思います。

 

価値があるのか?分らない・・・という場合は、
ほとんどが、価値がない物と思って良いでしょう。

 

次に乗る車に取り付けるか?そうでない場合は、ヤフオクやメルカリで売った方が得だと思って下さい。


内装・外装はどうする?

中古車を買取店に売るとき、
車の状態は、どうした方が高く売れるのか?
について、紹介します。

 

外装のキズ

キズが付いた中古車

売りたい車の外装にキズやヘコミがあった場合、

修理して売った方が良いのか?それともそのままが良いのでしょうか?

 

これはズバリ、修理しない方が得です。
なぜなのか?と言いますと、

 

買取した車両は、業者オークションに出品され、
多くは、再販するために中古車販売店が落札していきます。

 

中古車販売店は、
板金塗装の工場を持たない場合でも、

 

一般客より安く板金塗装を施すことができます。

 

それは、板金塗装の工場が、
一般客より安く施工してくれるからというのが理由になります。

 

なぜ一般客より安いのか?と言うと、

 

中古車販売店は、多くの台数を板金塗装に出します。
そこで、業者間の値段として、
仕切り価格(仕入れ価格)で、板金塗装を依頼する事が出来る訳です。

 

ですから、
キズやヘコミがある車両がオークションへ出品されていた場合、

 

商品にするために板金塗装するには、いくら掛かるのか?
その金額を仕切り価格で換算し、
オークションでの入札額を決めます。

 

したがって、
一般客用の高い金額で板金塗装をする事は、
損をしてしまうという事になります。

 

 

内装の清掃

 

 

外装のワックスがけ

 

エンジンなどのトラブル

用意しておく物(事)

 

  • 書類関係
  • ローンが残っている場合
トップへ戻る