事故車は普通の方法では高く売れない

買い替え等で、今まで乗っていた中古車を買取に出す場合、
それが事故車だと、高くは買ってもらえません。

 

通常のネット一括査定を申し込んでも、
高く売れないという意味です。

 

通常の中古車を高く売りたい場合は、 当サイトの人気記事、 この二つの記事を参考にして下さい。

 

 

では、
その理由と、
事故車を高く売る方法を紹介して行きます。


事故車を見抜けない買取店は無い

査定をする買取店は、
事故車を見抜く目を(必ず)持っています。

 

まず、ごまかそうとしても、無駄だと思って下さい。

 

それは、なぜなのか?と言うと・・・

 

買取店は、
買い取った中古車のほとんどを、
業者のオークションへ出品し、売るこ 事で利益をあげています。

 

買い取った車両が事故車の場合、
オークションへ出した時に、
事故車では無い車両よりも、確実に値段が低くなってしまいます。

 

事故車を事故車では無いと査定してしまうと、
大損をしてしまう事になってしまいます。

 

これを避けるために、
事故車を見抜く勉強や訓練を積んでいて、
見抜けないスタッフは、査定をさせてもらえません。

 

これが、
査定をする人は、事故車を見抜く目をもっている理由になります。

 

逆に言うと、
事故車を見抜くことは、買取店の最低限の仕事だと言えるでしょう。

事故車であっても、値段が付かない事はない

買取店が売りさばく、
業者オークションでは、事故車でも事故車なりの相場があります。

 

事故車だからと言っても、
高年式の車両などは、通常よりは低いとは言っても、値段が付かない事はありません。

 

しかし、
事故車というのは、その事故の程度によって、値段が変わって来ます。

 

それは、プロが集まるオークションですから、
入札して買う側もプロなわけです。

 

その事故がどの程度で、
その事故車がどの位の値段で販売出来るか?を考えて値段を付けます。

 

しかし、
買取店で査定をしてもらう一般客にとっては、

 

自分が売りたい事故車がどの位の値段で再販できるのか?
その情報を得ることなど、ほとんど不可能です。

 

ですから買取店は、
一般客が情報を持たない事をいいことに、

 

事故車を買い取るときに、
安く買いたたこうとするのです。

 

買取店にとっては、
チャンスだと言えるのです。

事故車を査定する時は、
買取店にとっては、安く買いとれるチャンスだと言いました。

 

その理由は、
一般客が情報を持たないからだとも言いました。

 

では、実際に買取店は、
どの様にして安く買い取ろうとするのか?お話ししましょう。

 

あくまでも、例になりますから、
ピッタリ同じ言葉にはなりませんが、
内容は同じだと思って下さい。

 

査定をして、事故車であることを見抜くと、

  • 「この部分、事故をやってますね・・・。事故車なので査定は低くなってしまいます・・・」
  • 「事故をやっていないと○○万円ぐらいなのですが、事故車なので○○万円ほど安くなってしまいます」
  • 「「あ〜残念ですね・・・事故が無ければもっと高く買えるんですが・・・」

などといった、言葉を出して査定額を下げて来るのが、よくあパターンになります。

 

カービュー事故車査定

トップへ戻る